京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 2222
昨日 : 9595
総計 : 369498369498369498369498369498369498

京都戦後民主運動 歴史資料アーカイブ

京都戦後民主運動 歴史資料アーカイブ

京都の自治体労働組合の機関紙、宣伝物、雑誌等への掲載等を目的に写された写真をデジタルで整理しました。貴重な労働運動の歴史資料です。逐次アップの予定です。

>サイトはこちら

【声明】衆議院の解散・総選挙にあたり組合員のみなさんに呼びかけます。安倍暴走政治に審判下し、憲法が生きる政治への転換を [2017.9.28]

 本日28日、安倍首相は衆議院を解散し、第48回衆議院選挙(総選挙)が10月10日公示、22日投開票で行われることが確定しました。

 今回の解散・総選挙は、召集された臨時国会の冒頭に所信表明も行わずに解散するという、「行政の私物化」と国民から批判の強い「森友・加計学園疑惑」への追及にフタをするとともに、一部野党の混乱に乗じて、今ならば一定数の議席を確保できるとの判断による党利党略の大義なき解散です。

>>続きを読む

【声明】2017年人事院勧告に対する声明 [2017.8.8]

 - 4年連続の基本給・一時金引上げも生活改善にほど遠く 「霞が関」優遇、地域間格差拡大の2017年人事院勧告に断固抗議する!

1.「霞が関」優遇、地域間・世代間格差拡大の「給与制度の総合的見直し」をいっそう推進する17人事院勧告

  人事院は8月8日、国会と内閣に対して、2017年人事院勧告・報告を行った。

 主な内容は、1)17春闘において官民一体でたたかった成果である4年連続の賃金引上げを反映し、4年連続で月例給・一時金とも引上げ、再任用職員も含めすべての職員の賃金を増額としたこと、2)昨年に続いて「給与制度の総合的見直し」を推進する立場で、「霞が関」優遇の「本府省業務調整手当」を4月に遡及して引上げるとしたこと。3)非常勤職員の給与について人事院の給与指針改定に基づき各府省を指導。4)長時間労働の是正にむけ民間法制の議論を踏まえた検討に言及―などである。

>>詳細はこちら

サイト更新履歴
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.