京都自治体労働組合総連合
お知らせ
コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


 
お知らせ

新型コロナウイルス感染防止のため、「バイバイ原発3.7きょうと」(3月7日 円山音楽堂)と「さよなら原発3.8京都北部集会」(3月8日 綾部ITビル)は、中止となりました。

2020京都市長選挙結果を受けて(声明) [2020.2.3]

 2月2日投開票で行われた京都市長選挙で、京都自治労連も推薦する「つなぐ京都2020」の福山和人候補は161,618票(得票率34.6%)を獲得、大健闘したものの残念ながら勝利には至りませんでした。福山候補の勝利のために奮闘いただいた組合員と全国の仲間のみなさんの大きなご支援に感謝申し上げます。

 選挙は、安倍政権への国民的怒りが日増しに大きくなるもとで、国政で対決する与野党の相乗りや多選への批判、12年前にも出馬した元地域政党代表の市会議員が出馬し「3極対決」となったことなどを背景に、危機感をあらわにした現職陣営が自公や業界団体を必死に締め付け組織票固めを行いました。また、「大切な京都に共産党の市長『NO』」とのヘイトまがいの新聞広告を掲載しましたが、時代錯誤で選挙を愚弄し、市民を選別し、くらしや願いに背を向ける姿に全国からも批判が寄せられました。

>続きを読む

【談話】地域医療を崩壊させる公立・公的医療機関の再編・統合の押し付けに強く抗議する [2019.9.30]

 厚生労働省は9月26日、再編・統合の必要性があるとして、京都府にある国保京丹波町病院、市立福知山市民病院大江分院、独立行政法人国立病院機構宇多野病院、舞鶴赤十字病院の4病院を含む全国424病院の公立・公的病院等の名称の公表を強行した。

 対象について厚生労働省は、自治体病院や日赤などの公的病院等1,455病院で、2017年度の報告データを基に、「診療実績」「似た実績のある病院が近隣に存在するかどうか」という「分析」を行い、このうち人口100万人以上の区域を除いた3割の424病院に対し、病床数の削減・変更や診療体制の見直しが必要であるとし、来年9月までに各病院に病床の削減や他の病院との再編・統合などの結論を出すように求めている。

>続きを読む

「京都府内における指定管理者制度についての聞き取り調査」報告書 [2019.8.28]

京都自治体問題研究所、京都自治体労働組合総連合が「京都府内における指定管理者制度についての聞き取り調査」報告書をまとめる 。

>京都府内における指定管理者制度についての聞き取り調査」報告書.pdf

マイナンバーカード「持たない権利」を守ろう! [2019.8.23]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.