京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ
青年部:カテゴリー

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

青年部:月別ログ
青年部:最新記事
その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 8282
昨日 : 149149149
総計 : 348977348977348977348977348977348977

2006年11月15日(水曜日)

〜それぞれの沖縄の旅〜 参加者の感想の一部を紹介します (京都府職労)

カテゴリー: - webmaster @ 14時19分49秒

 今まで教科書でしか知らなかった沖縄戦争のことを今回色々な角度から見ることができ、沖縄に対する印象が全くかわってきました。「沖縄=観光」というイメージが強かったのですが、「本当の沖縄」を知ることで、沖縄の人たちの考えや想いを少しですが、感じることができました。

 特に印象に残ったのは辺野古でのヘリポート反対運動でした。「非暴力のたたかい」。現在の日本で「非暴力」は当たり前だと思っていた私にとっては、辺野古で行なっていることは、とても衝撃でした。防衛施設局職員とのやりとり。沖縄出身の若い課長が目に涙をためながら市民とやりとりする様子をみると、「公務員ってなんなんだろう」と思いました。理不尽だとわかっていてもやらなければならない。市民を足場から突き落としてまで調査をすすめなければならない理由が本当にあったんだろうか。もし、自分が同じ立場に立った時、施設局職員と同じことができるだろうか、できればこんな仕事はしたくない。そんな仕事をしなくてもよくなる時が必ずきてほしいと辺野古での話をきいて強く感じました。

 沖縄で学んだことはとても意味深く、内容のあるもので3日間での旅ではすべてを理解することができなかったので、これからゆっくり自分なりに自分の知識としてものにしていきたいと思います。


青年部ニュース 第2号 [2006.11] より


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://kyoto-jichirouren.com/modules/wordpress0/wp-trackback.php/5

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

20 queries. 0.010 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.  [ サイトマップ | お問い合わせ | ログイン ]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482