京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ
青年部:カテゴリー

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

青年部:月別ログ
青年部:最新記事
その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 7777
昨日 : 118118118
総計 : 360325360325360325360325360325360325

2006年11月30日(木曜日)

突き進め!11.19 青年一揆

カテゴリー: - webmaster @ 23時34分33秒

200611_5.jpg 「あきらめない 怒りを力に」をスローガンに11月19日、京都市東山区の円山野外音楽堂で昨年に続いて「11.19青年一揆」(同実行委員会主催)が開催されました。当日は激しい雨と厳しい寒さという最悪のコンディションの中、府内各地から683名の青年が参加し、約3時間にわたる集会を成功させました。京都自治労連からも18名が参加しました。

 青年一揆の目玉でもある「魂のリレートーク」では、14もの団体・個人がそれぞれの職場実態やたたかいの経過などを報告。昨年度は職場や労働環境の実態告発が多くを占めましたが、今回は「人間らしい働き方」をめぐるたたかいの輪が広がっていること、運動が前進していることが掴めるものであり、厳しい情勢の中であきらめずに立ち上がっている姿に激励や共感、決意を込めた大きな拍手から大きな連帯と交流を通じて声を上げれば劣悪な労働条件・労働環境も変えられるんだという勇気と自信を得ることが出来ました。

 戯作者であり、数多くの風刺コントの作・演出を手がけている松崎菊也さんが「若者よ今こそ権力を笑い飛ばせ」と題して講演。「青年一揆の力で世の中を変えよう。勇気を出して立ち上がろう」と激励しました。特別報告では、光洋シーリングテクノで偽装請負を告発し、直接雇用を勝ち取ったJMIU徳島地域分会の仲村早途さんが「ひどい労働条件だったが、クビを覚悟に労働組合をつくった」と話され、「あきらめなければ、力を合わせれば、明日は必ず見えてくる」と感じることができるものでした。松下プラズマディスプレイの偽装請負を告発した吉岡力さんは「偽装請負のたたかいを全国に広げ、青年のたたかいを盛り上げていきたい」と決意を語られました。

京都自治労連青年部を代表して、衣川書記長が公務職場の実態を訴えました 集会後は、雨の中、京都市役所まで「求ム。人間らしい仕事」「諦めんな」「会社はルールを守れ」などのムシロ旗やプラカードを掲げ、パレードを行ないました。また、青年一揆実行委員会では、青年の深刻な実態や、リレートークでの訴えをもとに12月上旬をメドにして府議会や市議会、労働行政機関への申し入れ、要請行動が予定されています。


青年部ニュース 第3号 [2006.11] より


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://kyoto-jichirouren.com/modules/wordpress0/wp-trackback.php/8

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

20 queries. 0.013 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.  [ サイトマップ | お問い合わせ | ログイン ]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482