京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ
女性部:カテゴリー

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

女性部:月別ログ
女性部:最新記事
その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 7777
昨日 : 118118118
総計 : 360325360325360325360325360325360325

2009年6月12日(金曜日)

第54回京都母親大会〜1300人で大成功

カテゴリー: - webmaster @ 10時45分19秒

  54京都母親大会1第54回京都母親大会は、5月31日(日)綾部市の中丹文化会館で開催されました。会場は1,300人の参加者でぎっしり満員。「今年、日本母親大会が京都で開かれることが、会場をよりパワーアップしていました」と参加者の感想にありました。オープニングは「綾部ぞう列車合唱団」のみなさんによる創作合唱。親子の歌声がひびきました。京都母親連絡会の中尾牧会長が「核兵器の無い世界をめざし、憲法9条を守り安心して暮らせる社会を作りましょう」と挨拶。日本母親連絡会の柴田真佐子副会長も「日本母親大会を成功させましょう」と挨拶されました。東京大学大学院教授の小森陽一さんが和をつなぐことばの力〜一葉・漱石の文学から」と題し講演されました。京都母親大会2

 樋口一葉は日本が「国権の発動たる戦争」を初めておこなった時代、日清戦争の頃の作家で、夏目漱石は日露戦争の頃。一葉の文学では、戦争をする国は女性を抑圧する事がわかる。また漱石の「吾輩は猫である」で主人公を名も無き猫にしたのは、当時無名の戦死した軍人が「軍神」に祭り上げられ利用された事に対する批判であり、「草枕」では戦争する国が個人の自由を抑圧すると言う事が書かれている「反戦小説」であると指摘されました。今また日本を戦争できる国へ変えようとする動きがあるが、「戦争をする国は個人の自由が無い国。戦争しないと決めた憲法を文学者としても守りたい。」「憲法を生かし切る政府を持たなければ行けない。憲法守り生かし切る運動を一緒にがんばりましょう」と語られました。

 「地域の運動交流」では、丹後の高校定員を増やしたとりくみや、西京区の保育所つくり運動、南山城の保育所給食を守る署名のとりくみなどの発言があり、府職労連女性部もうったえ54京都母親大会3をおこないました。

 「平和な地球を子ども立ちに残そう。日本母親大会を成功させようというアピールを採択して閉会しました。

 バスが10台以上、自家用車の乗りあわせや、JRでの参加もありました。会場の外では物産展がおこなわれ、こちらも大盛況でした。綾部市職労のみなさんは要員としても活躍され、大会成功のため大きな力になりました。

 母親大会参加のみなさん、お疲れ様でした。次は日本母親大会です。京都母親大会に参加されたみなさんが、それぞれ「誰か」を誘って参加し、大きく成功させましょう。

55日本母親大会ちらし55日本母親大会ちらし (584.443359375KB)

55日本母親大会ちらし255日本母親大会ちらし2 (1217.4150390625KB)

  


2009年5月22日(金曜日)

平和ツアー宇治

カテゴリー: - webmaster @ 15時52分51秒

京都自治労連女性部平和ツアー

  山宣生誕120年の宇治をたずねて

 今年の京都自治労連女性部平和ツアーは、5月16日(土)宇治を歩きました。源氏物語ミュージアムを見学後、宇治川畔のカフェ「アドリアーナノーヴェ」で昼食。午後は「宇治山宣会」の薮田会長と、小松事務局長のご案内で「山宣資料館」や「山宣の墓」を訪れ、戦前、平和と民主主義のためにたたかい「山宣ひとり孤塁を守る だが私は淋しくない 背後には大衆が支持しているから」ということばを残した彼の人生に思いをはせました。最後に市営茶室「対鳳庵」で、ゆったりとしたひとときも持ちました。心配されたお天気も、時々小雨という程度で、楽しく過ごすことができました。

今夏、日本母親大会が京都で開催されます。地元京都からもたくさんの参加で成功させるためにも、女性部みんなで頑張りましょう。

山宣資料館

源氏物語ミュージアム前で

     宇治山宣会花やしき前での説明

  今年は山本宣治生誕120年です。記念して本「民衆とともに歩んだ山本宣治」が発行されました。税込み1200円です。京都自治労連または宇治山宣会へお問い合わせ下さい。

民衆とともに歩んだ山本宣治

 

←表紙

   ↓中には貴重な写真もいっぱい

     山宣一家の写真


2009年4月8日(水曜日)

女性部平和ツアーのご案内

カテゴリー: - webmaster @ 15時39分51秒

女性部平和ツアー「宇治を訪ねて ウォーキング」 ご参加ください。春の宇治川

 とき 2009年5月16日(土)10:10JR宇治駅前集合

コース JR宇治〜京阪宇治駅前〜源氏物語ミュージアム〜山宣記念館〜山宣の墓〜宇治川畔

昼食は宇治川の見えるカフェでお弁当、宇治川畔で抹茶を一服

参加費 京都自治労連組合員 1,500円

お問い合わせ・申し込み 京都自治労連女性部 TEL075-801-8186 FAX075-801-3482

詳細はこちら ↓

09女性部平和ツアー宇治09女性部平和ツアー宇治 (583.8779296875KB)


2008年10月3日(金曜日)

今なら変えられる!自治体にはたらく女性の全国交流集会

カテゴリー: - webmaster @ 21時26分19秒

なら変えられる みんなが輝いて働ける平等な社会へ

080927奈良自治はたやまと舞ばやし自治体にはたらく女性の全国交流集会 奈良で開催  のべ850人で大成功

 第29回自治体にはたらく女性の全国交流集会は、2008年9月27日(土)・28日(日)奈良市のなら百年会館ほかで開かれました。全国から2日間でのべ850名が参加し、おおいに学習・交流しました。京都からは1日目45人、2日目24人の参加でした。

 27日の全体会は「蟻の会合唱団」のみなさんの合唱で開会。挨拶に立った渡辺礼子実行委員長(自治労連女性部長)は、「米原子力空母の入港、物価高騰、後期高齢者医療制度、汚染米など食の安全を脅かす事件、子どもをめぐる悲惨な事件など、私たちの暮らしが脅かされています。総選挙も間近、私たちの生活や平和が大切にされる政治へ変えましょう。全体会も分科会もたいへんタイムリーな内容になりました。私たちの求める『仕事と生活の両立』は、男女平等で豊かな人権が保障されてこそです。この集会では、さまざまな立場で話しあいを深め、交流し、明日への希望を持ち帰りましょう」と語りました。

 080927奈良自治はた記念講演記念講演は、作家の雨宮処凛さんです。雨宮さんの希望で、インタビュー形式で進められました。途中、インディーズ系メーデーの様子のDVD上映も含め、生活も職も劣悪で不安定な「プレカリアート」の人達の生活とその運動を紹介されました。「彼らの多くが『仕事がないのは自分のせい』と思っている。自己責任ではなく、社会の構造によってつくられたものだということ、自分は悪くないんだということに気付いてほしい。」「当事者達が怒り、立ち上がれば突破できる」「労働組合は非正規の人にこそ、尊厳を取り戻すために一番必要なもの。だれでも1人でも入れる組合があちこちで結成されている。活用してほしい」「正規で働いている人も大変な働かされ方をしている。正規であれ非正規であれ、声を上げることが大事。いっしょに頑張って行きましょう。」などと語られました。

 分科行事の080927奈良自治はた大和舞ばやし「大和舞ばやし」は奈良の古謡を元にしたロック調民謡で、笑顔で楽しく踊られているのが印象的でした。メンバーの中には京都自治労連の組合員さんの姿も見えました。

 各地からの報告は、岩手から「行列のできる憲法署名」のとりくみ。080927奈良自治はた報告大阪から「橋下知事のひどい政策とたたかう大阪自治労連」の発言のあと、地元奈良市学童保育指導員労組から「学童保育の時間延長を『時差勤務で』との提案を問題が多いと絵で説明して交渉し、増員や、勤務時間延長分は賃金で支払うことを勝ち取った」活動が紹介されました。みんなで学習し、交渉した成果です。

080927奈良自治はたひまわり娘 

夜の交流会では、各地から替え歌やダンス、コントなど多彩なパフォーマンスで盛り上がりました。京都からはおなじみ「ひまわり娘」のライブです。今年は増員を勝ち取り、3人でオリジナルソングを歌い、拍手喝采を浴びました。

 

 2日目は2分科会、4講座、1シンポジウムに分かれて行われました。「困った子と言わないで〜軽度発達障害の理解と子育て・接し方」の分科会は、希望者であふれ、「待たれていた課題」だったことがわかりました。シンポジウム「賃金って何?」では、正規・非正規の立場から現状報告の後、石川康宏神戸女学院大学教授が「今の貧困は『構造改革』から来ている。敵は財界」「正規だけ、男だけ、公務だけ、組合員だけ、自分の職場だけ、などの狭い身内論はダメ」「組合は自分たちのことだけではなく、全国民・労働者の利益を守り、社会改革のあり方をリードする『社会正義』の組織として、発信していかなければならない」として、「もっと学習をしよう」と呼びかけられました。

 「女性部」組織のない中、集会開催を引き受け、実行委員会で旺盛に活動してくださった奈良のみなさんに感謝、感謝です。この集会を機に奈良で女性たちが元気になってくださったらうれしいですね。また、京都から要員に出て下さったみなさん、ご協力ありがとうございました。

 来年は千葉です。また元気に参加しましょう! :razz:

 

 


2008年3月11日(火曜日)

海抜0メートルで平和を考える

カテゴリー: - webmaster @ 15時44分31秒

女性部は12月8日、51人(子ども9人を含む)の参加で、舞鶴平和ツアーをおこないました。舞鶴平和委員会の橋本さんの案内で舞鶴湾の海抜0メートルで、また、五老岳の海抜301メートルからも平和を考えるツアーになりました。ましゅう舞鶴平和ツアー

 舞鶴湾遊覧船で橋本さんの説明を聞きました。静かで美しい舞鶴湾に海上自衛隊の基地があり、ヘリポートやイージス艦があります。ドックでは補給艦「ましゅう」が整備を受けていました。インド洋で米軍艦船に補給をしていた艦です。

イージス艦みょうこう イージス艦「みょうこう」も見えます。舞鶴基地は米軍のミサイル防衛計画にそって基地が増強されつつあるそうです。2007年には全国にさきがけ、新型イージス艦「あたご」が配備されています。テレビや新聞で見聞きするだけと思っていた「戦争」がすぐ目の前にありました。

橋本さんは「戦争する準備はできている。事実がどんどん積み重ねられ、その後、法律が変えられる。だが、私たちには憲法9条がある。」と憲法9条を守る運動を強めることの重要性を語られました。

 昼食後は、「引揚記念館」見学です。ボランティアガイドさんの説明で戦後中国やロシアに残された民間人や、捕虜になってシベリアへ抑留された軍人の日本への帰国「引き揚げ」の歴史を学びました。舞鶴港は「引揚の港」として指定され、舞鶴は平和の街として発展してきました。

五老岳で説明する橋本安彦さん
五老岳次に海抜301メートルの五老岳から舞鶴湾を遠望しました。舞鶴の街のあちこちに火薬庫が隠されていることを聞いて参加者はびっくり。「知らなかったではすまない」と考えさせられました。

最後は、とれとれセンターでおみやげを買い、帰途につきました。

 「参加してよかった」「これからも屈することなく平和を訴え、子どもたちに伝えて行かなければ」「本物を見てショック。憲法9条を守る運動が大切」「橋本さんの分かりやすい説明に感謝する」などの感想が寄せられました。  また、参加者の中から2人が「憲法9条署名100筆ピースチャレンジャー」に名乗りをあげてくれました。

女性部のみなさん、これからも9の日宣伝や署名など、平和・憲法をまもるうんどうをがんばりましょう。

 

 

 

    


24 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.  [ サイトマップ | お問い合わせ | ログイン ]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482