京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ
女性部:カテゴリー

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

女性部:月別ログ
女性部:最新記事
その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 7878
昨日 : 9595
総計 : 369554369554369554369554369554369554

2007年11月2日(金曜日)

あなたも憲法署名100筆ピースチャレンジャーに!

カテゴリー: - webmaster @ 10時39分48秒

憲法条は世界の平和への希望ピースチャレンジャー.jpg ☆憲法署名100筆ピースチャレンジャーを募集します☆

 08年夏までに500万筆の署名目標を達成するため、全労連女性部ではひとりが署名100筆集める「憲法署名100筆ピースチャレンジャー」を1万人以上作ることを決めました。そのうち自治労連で1,000人以上を集めます。そのため・・・ 

 京都自治労連女性部でも100人以上の「100筆ピースチャレンジャー」を募集します。あなたもぜひ登録してください。

 ピースチャレンジャー

←登録された方には特製3色ボールペンと、クリアファイルをさしあげます。

子どもたちの未来のためにも、今できることを私たちがやりましょう。

○登録は・・・京都自治労連女性部に申し込んでください

○署名の集め方・・職場で、街頭宣伝に参加して、友人知人に声かけて、いつも署名用紙を持ち歩いてあらゆる機会に、集めましょう。退職された先輩に手紙でお願いするという人も。

○集まった署名は・・それぞれの組合に提出していただき、京都自治労連女性部に数だけ報告してください。(直接京都自治労連女性部に直接送付もOKです)


2007年11月1日(木曜日)

楽しく交流、しっかり学習

カテゴリー: - webmaster @ 12時42分29秒

第28回自治体にはたらく女性の全国交流集会

第28回自治体に働く女性の全国交流集会は10月20日(土)・21日(日)、茨城県つくば市で開かれました.全国から約380人の参加で、「みて!きいて!まなんで!かんがえる!」集会でした。京都自治労連からは7人が参加、全国の仲間と交流し元気を分け合ってきました。

自治はたつくば 和太鼓集会は、地元茨城自治労連女性部のみなさんによる和太鼓演奏で開幕、渡辺礼子実行委員長(自治労連女性部長)が沖縄の11万人の大集会にもふれ、「政治家たちが恐れているのは庶民の力。声を出し、行動すれば政治は変えられる。憲法を仕事とくらしに生かすために力をつくしましょう」とあいさつ。須藤素子副実行委員長は基調報告で、自治体の臨時非常勤職員の均等待遇実現、憲法を守るとりくみ、女性の参画などを求めて、共同の運動を呼びかけました。

特別報告では、_山市職労の男性の育児休業参加を促進し、男性も女性も子育てしながら働き続けるための「ペンギン手帳」の取り組み、長崎市職労の9の日宣伝、平和バザーと映画祭、被爆で亡くなった市職員慰霊祭への千羽鶴つくりなど、平和の取り組みを続けていること、K牟綵の生活保護問題が自治はたつくば ガマの油売り大きく報道されているが、人権尊重は生活保護だけに限られた問題ではない。北九州市職労や自分自身も含め、「見直そう問い直そう職場と地域」運動が大切、という3つの報告がありました。

次に「ガマの油売り口上」がありましたが、人を引きつける話術でおもしろく、思わず買いたくなった人も多かったようです。保存会でボランティアとして筑波山で口上を続けておられる『筑波和弘さん』は元市職員とのこと。

 

自治はたつくば 伊藤真さん講演記念講演は伊藤塾(司法試験や法律系資格試験の受験指導)の伊藤真さん。「日本国憲法の力ってなあに?〜えっ!憲法が国民を縛る日がやってくる?〜」のテーマで話されました。民主主義でも、多数決で間違いをおかすことがある。(小泉劇場、ヒットラーは選挙で選ばれた)。多数決で奪ってはならない価値がある。それを明文化したものが憲法。

〈その時々の多数決で 奪ってはならない価値→人権〉

〈その時々の多数決でもやってはいけないこと→戦争〉

憲法とは時の権力を制限し、人権を保障するもの(立憲主義)。憲法は多数派=強者に歯止めをかけて、少数派=弱者を守るためのもの。など、わかりやすい解説や、改憲派と居酒屋で論議するための反論も教えてもらいました。最後に「理想を語ってほしい。今、この時代の日本に生まれたことは幸せなこと。憲法の価値・理想を語り、あらゆる場所で憲法を話題にしていきましょう。それが憲法を知った者の責任。」と締めくくられました。参加者は「早口でよどみなく、ユーモアもあって飽きさず疲れさせない、よくわかる話だった」と話し、著書も飛ぶように売れていました。

 

 2日目は浅井春夫立教大学教授を迎えたシンポジウム「輝け!大人も子どもも」と4つの分科会、3つの講座が開かれました。「一緒に働く仲間だもん、同じ条件で働きたいよね」に参加された奈良の非正規の給食調理員さんは、「非正規の人が集まる分科会と思って参加したが、正規の方も多くて、非正規の事を考えてくれていると実感できた。初めてなので聞くだけと考えていたが、話しやすい雰囲気で思わず質問してしまった。他の参加者から暖かい発言があって励まされた。」と語ってくれました。自治はたつくば ひまわり娘

 1日目夜の交流会では、例によってみんなでハジケました。地元茨城の「おしりかじり虫」の替え歌ダンスや、大阪の「ウーマン川柳」に笑い転げました。京都からは、向日市職労の「ひまわり娘」が、今年はオリジナルソングを1曲披露しました。『暖かく、元気がもらえるサウンド』で、自治はたつくば ひまわりとだるまちゃん拍手と「アンコール」の声にもう1曲歌いました。ひまわり娘のふたりは、03年神奈川での集会でデビューしもう5年目。分科会助言者として参加していた南達磨さん(青年部副委員長)が会場からの声で急遽、愛知保育合研のテーマソング「笑顔☆キラキラ」を歌わされる事になった時は一緒にダンスをするなど、会場を盛り上げました。

 来年の第29回の集会は奈良で開かれます。奈良自治労連は、この集会もきっかけにして女性部をつくろうとがんばっておられます。近畿ブロックみんなで奈良の女性たちを応援しましょう。京都のみなさん、集会当日の参加はもちろんのこと、企画段階からの参加や要員など、ご協力をお願いします。 ;-)

 


18 queries. 0.027 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.