京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ
女性部:カテゴリー

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

女性部:月別ログ
女性部:最新記事
その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 7
昨日 : 167167167
総計 : 426899426899426899426899426899426899

2008年10月27日(月曜日)

つくろう!人間らしくはたらくルール

カテゴリー: - webmaster @ 10時30分18秒

守ろう9条 生かそう憲法 つくろう人間らしく働くルール民舞20081025はたらく女性中央集会

  第53回はたらく女性の中央集会  inTOKYO   

 第53回はたらく女性の中央集会は、2008年10月25日(土)〜26日(日)東京都千代田区の社会文化会館及び全労連会館で開催されました。1日目の全体会は約420人、2日目の分科会は約350人の参加でした。京都からは16人、京都自治労連からは6人が参加しました。

 25日の全体会のオープニングは、八王子民舞を守る会のみなさんによる「民族舞踊」です。実行委員長の柴田真佐子さん(全労連副議長)挨拶のあと、東京地評伊藤潤一議長・全労連小田川義和事務局長・日本共産党吉川春子前参議院議員の来賓あいさつを受けました。大西玲子実行委員会事務局長は基調報告で、非正規が増え続けるはたらく女性の現状にもふれ、「貧困と格差の解消、社会保障切り捨て政策反対、保育・学童保育の公的充実求め、子どもと民主的な教育を守る運動、日本の農業と食を守る運動、男女平等、働くルールの確立、そして日本を戦争する国にさせない、憲法改悪反対の運動などで、労働者、業者婦人、農村婦人と、はたらく女性の共同ニューフィル千葉20081025のたたかいを前進させましょう。」とのべました。争議団からの訴えは、50歳での退職勧告に応じなかった為、片道2時間の遠隔地へ配転させられたNTTの2人の女性や、派遣から直接雇用になった後の雇い止め撤回を求める大学嘱託職員、首切りやセクハラ事件など、裁判でたたかっている女性たちから訴えがありました。理不尽な扱いに泣き寝入りせずたたかう女性立ちに共感と支援の声が広がりました。

 ユニオンニューフィル千葉の美しい音楽を楽しんだ後、伊勢崎賢治さんが「憲法9条を持つ国の責任は紛争の予防ー日本の国際貢献のあるべき姿を問う」と題し講演されました。伊勢崎さんは、国連スタッフとして2000年インドネシアからの独立をめぐり混乱状態にあった東チモールのコバリ県知事に就任。2001年6月からは国連派遣団として西アフリカ・シエラレオネでゲリラの武装伊勢崎賢治さん20081025はたらく女性中央

解除を完了させました。アフガニスタンでは日本政府のスタッフとして、紛争処理・武装解除を指揮した人です。その経験から、「憲法9条を持つ国のわれわれがどういうことができるのか、しっかり考え行動していこう」と話されました。はたらく女性の中央集会20081025

 

 閉会後パレードし、「憲法9条を守ろう」「人間らしく働くルールをつくろう」とアピールしました。

 

 

 

 

  2日目は、,呂燭蕕女性のメンタルヘルス△海鵑兵入じゃ生きていけないー女性と貧困消費税って本山家悠紀夫さん20081025当に社会ほしょうのためなの?ず枷衆制度って何?ダこΔ汎本の食糧危機Τこ闇品執欝徊,辰堂拭 の6つの分科会に分かれて討論しました。  

 消費税の分科会では、助言者」の山家悠紀夫さん(暮らしと経済研究室)から、社会保障と財源問題についての話がありました。「政府は財政赤字のことをことさら強調して、社会保障のために消費税増税はしかたないと言っている」「赤字は多いが資産もたくさん持っていて、今すぐどうこうしなければならないと言う事はない」「削るのは社会保障でなく、軍事費であり、増税を検討するなら消費税ではなく、大企業の法人税や所得税では」「社会保障の充実こそ急務」という内容で、参加者は「よくわかった」「帰って宣伝に使おう」と感想を言い合いました。

   


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://kyoto-jichirouren.com/modules/wordpress1/wp-trackback.php/37

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

20 queries. 0.019 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.