京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 1313
昨日 : 113113113
総計 : 349141349141349141349141349141349141

トップ  >  京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話  >  ナチスの憲法改正「手口学んだら」 麻生発言に強く抗議する [2013.8.6]

ナチスの憲法改正「手口学んだら」
麻生発言に強く抗議する

 7月29日に行われたシンポジウムで、麻生太郎副総理の憲法改正をめぐる発言が報道された。

 その内容は、ドイツのナチス政権を引き合いに出し、「ヒトラーは選挙で選ばれた、ドイツ国民はヒトラーを選んだ。・・・憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていた・・・だれも気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうかね」というものである。ナチスは侵略戦争を引き起こし、600万人を殺害したといわれるホロコーストなど数々の戦争犯罪を繰り返した。戦後の国際社会が不正・不義の侵略戦争を断罪し、蛮行を繰り返さないことを土台に形成されてきたことからみても、ナチスを肯定することは、政治家としての資格が問われる重大な発言であり、民主主義を真っ向から否定するものであり、断じて許されるものではない。

 私たちは、今回の発言に対し強い怒りをもって抗議し、全面撤回とともに、議員を辞職されることを求める。

2013年8月2日
京都自治体労働組合総連合
執行委員長 池田 豊

プリンタ用画面
前
[声明] 2014年4月からの消費税率引き上げに抗議する [2013.10.1]
カテゴリートップ
京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話
次
住民の安全を置き去りにした高浜・大飯原発の再稼働申請について [2013.7.8]
(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.  [ サイトマップ | お問い合わせ | ログイン ]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482