京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 101101101
昨日 : 8484
総計 : 426707426707426707426707426707426707

トップ  >  京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話  >  新年ご挨拶 -2019- 知恵を尽くし、力合わせ、歴史を前にすすめよう

知恵を尽くし、力合わせ、歴史を前にすすめよう

京都自治労連執行委員長 福島 功

「災」の最たるもの、安倍政権

みなさん、あけましておめでとうございます。

昨年12月、「今年(2018年)の漢字」に「災」が選ばれました。昨年は、大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号災害、北海道胆振東部地震などが連続し、京都においても多くの尊い人命や人間らしい暮らしが失われた災害の年でした。「気候のフェーズが変わった」と言われる中で、人命と財産をどう守るのか、地方自治体にもその役割が問われています。

このことにも関連し「赤坂自民亭」でその本質があらわれたように、国民の信託を受けて政権を担っている人々が、平気で嘘をつき、情報を隠蔽し、ルールをねじ曲げ、民意を無視する、権力を振りかざし、気に入らない人を陥れる等々。まさに安倍政権は国民にとって「災」以外の何物でもありません。今、その「災」が自ら守るべき約束である憲法を変えようと執念を燃やしています。

忘れず、諦めず、勝利するまで

「いい加減にしろ」と想いながらも、「またか」とため息をつき、諦めモードになるのではなく、忘れず、諦めず、勝つまで闘い続けるために、今ほど主権者として不断の努力が求められているときはないのではないでしょうか。「Show must go on」に込められたQueenの想いように。

今年は、幸いにも統一地方選挙と参議院選挙があり、悪政を断ち切る絶好のチャンスです。歴史の逆戻りを許さず歴史を前に進める、そんな年にしたいと思います。みなさん、そのためにともに知恵を尽くし、力を合わせようではありませんか。

プリンタ用画面
前
【声明】京都市は、介護保険認定給付業務の集約委託化方針を撤回し、嘱託員130人の雇い止めをするな [2019.1.10]
カテゴリートップ
京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話
次
【声明】住民のいのちと暮らし、基本的人権を守る自治体本来の役割放棄はあってはならない [2018.11.30]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.