京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 1313
昨日 : 113113113
総計 : 349141349141349141349141349141349141

トップ  >  京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話  >  【声明】満身の怒りをこめて抗議する 基地の無い沖縄、日本を反省・お詫びはもういらない、米軍は日本から出ていけ![2012.11.2]

アメリカ合衆国大統領
バラク・オバマ 様

総理大臣
野田佳彦 様

外務大臣
玄葉光一郎 様

防衛大臣
森本 敏 様

京都自治体労働組合総連合
執行委員長  池田  豊
女性部長   黒川美栄子

満身の怒りをこめて抗議する
基地の無い沖縄、日本を
反省・お詫びはもういらない、米軍は日本から出ていけ!

 10月16日米海軍兵2人による集団強姦(ごうかん)致傷事件が起きてわずか2週間。

 再び11月2日未明に、米軍嘉手納基地に所属する24歳の米兵が女性会社員宅に侵入し、屋内にいた男子中学生に暴行を加えるという事件が起きました。

 米軍は「綱紀粛正」「夜間外出禁止令」を繰り返すだけで、現実には再発を防止するどころか、なんの歯止めにもなっていないことは既に明らかです。今回の事件は、再発を防止するには基地を撤去する以外にないことを、米軍自身が示したともいえます。
また、「極めて遺憾」「言語道断」と述べるだけの日本政府の姿勢は、米軍への圧力、抑止どころか実質的な日本政府による容認の表明であり、沖縄県民、国民に背を向けるものと言えます。

 危険なオスプレイが住宅地を縦横無尽に飛び回り、米兵による犯罪が日常的に起きるという沖縄の現実、それを容認する日本政府。

 沖縄は復帰(1972年)以降40年で、米兵による刑法犯検挙件数が5790件も発生しています。憲法を踏みにじる日常を創りだし、地域を脅かし、平和な地域振興を阻害し、住民の安全を奪う米軍基地は、沖縄からそして日本から出ていくしかありません。

 繰り返される暴行事件に、私たちは満身の怒りをこめて、再び強く抗議するものです。
 

>>上記PDFダウンロードはこちら

プリンタ用画面
前
「危険な流れ 京都では許しません!」=住民福祉の向上、子どもと教育のために、憲法・民主主義と人間の尊厳を守る共同の呼びかけ [2012.11.30]
カテゴリートップ
京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話
次
【声明】 繰り返される米兵の女性暴行事件に満身の怒りを込めて抗議し、厳正な処罰、オスプレイ配備撤回、米軍基地撤去、安保廃棄を求めます [2012.10.19]
(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.  [ サイトマップ | お問い合わせ | ログイン ]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482