京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 4444
昨日 : 8181
総計 : 366264366264366264366264366264366264

謹賀新年 〜憲法自治体 京都から〜

京都自治体労働組合総連合
執行委員長 池田 豊

■安倍政権が誕生して1年

 特定秘密保護法が強行され、米軍のもとで戦争へと突き進む社会へと安倍政権は暴走を始め、同時に統治機構として地方自治の再編を進めようとしています。

 知事選挙を4月にひかえ、平和と民主主義の地方自治を体現していたかつての蜷川京都府政を振り返ってみることは、新しい地方自治の姿を探る上でも実践的教訓に満ちていると思います。

■憲法と平和を 半世紀前の戦争への道と蜷川京都民主府政

 今から50年前、アメリカ政府は、北ベトナムのトンキン湾でアメリカ軍の駆逐艦が魚雷艇から攻撃をねつ造し、大規模な爆撃を開始し、本格的にベトナム戦争に突入しました。日本政府もベトナム侵略戦争に全面的に協力、日本の米軍基地からベトナムへと出撃していきました。

 国内でも憲法改悪の動きが活発になり、戦争への道を歩もうとしていましたが、翌年、蜷川知事は1月8日の年頭記者会見で「今年からね、あたしゃ、憲法擁護の運動を行政として推進していきたいと思ってんですよ。具体的に申しますとね、5月3日の憲法記念日の前後に、京都府として憲法をもりたてる行事をする。これに賛同してくれる催しなどに援助していきたいと思ってんです」と述べ、その後府庁あげての憲法運動に踏み出すことになりました。

■京都府発行「ポケット憲法」

 京都では3月24日、末川博立命館大学総長、住谷悦治同志者大学総長、田畑忍同志社大学教授、恒藤恭元大阪市立大学長、大西良慶清水寺貫主、シナリオライター依田義賢の六氏のよびかけで京都憲法会議(憲法改悪阻止・京都各界連絡会議)が結成されました。その支持委員第1号になった蜷川知事は、憲法記念日に向けて「ポケット憲法」の作成を指示しました。

 初版本は1965年5月3日の憲法記念日に2万部が発行され、一般府職員、教職員は全員に、一般府民には希望者に無料で配布され、憲法の精神をいかした府政推進の大きな力となりました。

 そして10月には「憲法を暮らしの中に生かそう 京都府」の幅1・2メートル、長さ7・5メートルの大たれ幕となり、年2回5月3日と11月3日に憲法記念の集会開催となっていきました。

■地域からの再生

 安倍首相のめざす「世界で一番企業が活動しやすい国」づくりは、必然的に企業が活動しやすい活動領域としての地域再編を求め、更なる市町村合併と道州制による強制的再編、統合へとつながっています。

 それへの対抗軸は、憲法の基本的人権を守ることを基本に、人としての生活領域を基本としたくらしづくり、経済活動、住民主権の地方自治確立だろうと思います。

 4月の京都府知事選挙はその絶好のチャンスです。

 「住民が一番安心して、いつまでもくらすことのできる地域」をめざして新しい年のスタートです。


京都自治労連 第1815号(2014年1月5日発行)より

プリンタ用画面
前
【抗議声明】「集団的自衛権行使容認」の政府方針決定に満身の怒りをもって抗議する [2014.5.16]
カテゴリートップ
京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話
次
特定秘密保護法案強行採決に断固抗議し、職場・地域からさらに共同広げ必ず廃止するために奮闘する [2013.12.9]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.