京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


トップ  >  京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話  >  新年ご挨拶 2020年 もっと声をあげ、力を合わせましょう [2020.1.1]

あけましておめでとうございます。
2020年 もっと声をあげ、力を合わせましょう

みなさん、あけましておめでとうございます。

米誌「タイム」が昨年「今年の人」に選んだのは、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんでした。2018年8月にたった一人ではじめた毎週金曜日の議会前の座り込み行動をきっかけに、政治家に対して地球温暖化に真剣に向き合うよう訴えるグレタさんの行動が世界中の共感を呼び、今年9月末には185カ国、ここ京都を含め6100カ所以上、計700万人が抗議行動にデモに参加するまでになりました。

気候変動以外でも性被害に遭ったジャーナリスト伊藤詩織さんの告発に共感し、ともに行動するフラワーデモの広がり。また、大学入試への民間試験導入に対して高校生が声を上げ、導入を延期させたように、今、国民一人一人が当事者として、有権者として声を上げ行動することが世界でも日本でも「普通のこと」になりつつあるのではないでしょうか。

「桜を見る会」など行政の私物化、COP25での化石賞の受賞、改憲や辺野古基地建設への固執など安倍政権の暴走は、市民と野党が結束して闘ってますが、とどめるところまでには至っていません。

今年は、幸いにも京都市長選挙が2月2日投票で闘われています。地方から悪政を断ち切り、地方自治を輝かせる絶好のチャンスです。実際に政治を変える、そんな年にしたいと思います。そのためにともに、一人一人がもっと声を上げるとともに、力を合わせようではありませんか。

2020年1月1日
京都自治体労働組合総連合
執行委員長 福島 功

プリンタ用画面
カテゴリートップ
京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話
次
【談話】地域医療を崩壊させる公立・公的医療機関の再編・統合の押し付けに強く抗議する [2019.9.30]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.