京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


トップ  >  京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話  >  【談話】ロシアのウクライナへの軍事侵略に強く抗議し、攻撃の即時中止、直ちに撤退を求める [2022.3.1]

(談話)

ロシアのウクライナへの軍事侵略に強く抗議し、攻撃の即時中止、直ちに撤退を求める

 

2022年2月25日
京都自治体労働組合総連合
書記長 小林 竜雄

 2月24日、ロシアはウクライナへの軍事侵略を行いました。加盟国の主権、独立、領土の尊重、武力による威嚇の禁止を明記している国連憲章に明らかに違反する行為であり、断じて許すことはできません。直ちに軍事進攻を中止し、撤退することを強く求めます。

 同時に、プーチン大統領は「ロシアは世界で最強の核保有国の一つ」などと述べて、核攻撃をも示唆する発言を行なっています。核兵器禁止条約が禁止した核兵器による威嚇そのものであり、言語道断です。戦争被爆国の労働組合として、住民のいのちと暮らしを守る自治体労働組合として、許すことはではません。

 ロシアが軍事侵略を中止するとともに、国連憲章と国際法を遵守し外交交渉に戻ることを要求します。そして、憲法9条を持つ日本国政府には、ロシアの侵略行為に断固抗議するとともに、国際平和実現のために積極的な対話の外交努力を行なうよう求めます。

 ロシアの侵略に抗議し、平和を求めるたたかいが、ロシアをはじめ全世界で展開されています。自治体の首長も軍事侵略の中止を求めるコメントを発信しており、京都府知事や京都市長にも「国際平和を誠実に希求」する憲法を抱く自治体の長としての発信を求めるものです。 

プリンタ用画面
カテゴリートップ
京都自治労連の声明、委員長・書記長の談話
次
【声明】2022年人事院勧告に対する声明…月例給・一時金引き上げも、物価上昇にも及ばない生活改善に程遠い低額勧告…「すべての労働者の賃金引き上げ」をめざし、2022年秋季年末闘争に全力を![2022.8.6]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.