京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 8282
昨日 : 149149149
総計 : 348977348977348977348977348977348977

機関紙 - 残業月100時間など、絶対認められない 時間外労働の上限規制―経団連・連合が合意

残業月100時間など、絶対認められない 時間外労働の上限規制―経団連・連合が合意

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2017-3-24 16:50

 3月13日、時間外労働の上限規制について経団連と連合が労使合意しました。

 しかしその内容は、時間外労働の上限を’間では720時間まで、■殴月ないし6ヶ月では平均80時間まで、C鰻遒100時間「未満」まで、し45時間を超える時間外労働は半年まで――法律で容認するというとんでもない内容です。これでは、改悪以外のなにものでもありません。

 「月100時間未満」の残業とは、過労死ラインの残業にお墨付きを与えるものです。繁忙期だったら労働者は、命を落としてもいいとでもいうのでしょうか。「名ばかり上限規制」は撤回し、労働時間規制の再検討をやり直すべきです。


京都自治労連 第1892号(2017年3月20日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (36)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.  [ サイトマップ | お問い合わせ | ログイン ]
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482