京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 :
昨日 : 5656
総計 : 366551366551366551366551366551366551

機関紙 - いまこそ憲法を職場と地域に生かそう 〜京都自治労連第85回定期大会〜

いまこそ憲法を職場と地域に生かそう 〜京都自治労連第85回定期大会〜

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2017-8-7 17:30

 京都自治労連は7月20日、第85回定期大会をラボール京都で開催しました。今年は、憲法と地方自治法が施行されて70年、京都自治労連結成70年の記念すべき年に開催された大会です。

 安倍政権による戦争法、「共謀罪」法強行など戦争する国づくり、森友学園、加計学園問題など「政治の私物化」への国民の怒りが大きく広がる中での大会となりました。

 定期大会には、23単組、119人の代議員が参加。この一年間の取り組みの豊かな経験と教訓が活発に討論され、執行部提案のすべての方針が、全会一致で採択され、新執行部を選出しました。そして、新しい仲間を迎え入れ、11月の京都自治労連結成70周年を、全単組の組織的前進の中で迎えることを確認しあいました。

安心して住み続けられる地域を

 大会は、議長にE代議員(宮津市職)、F代議員(府職労連)を選出、大会諸役員を選出し議事に入りました。

 大会あいさつに立った池田豊委員長は、「京都自治労連の70年の歩みは、憲法と地方自治法とともに歩んだ70年であった」と京都自治労連の歴史を振り返り、憲法を踏みにじる安倍政権のもとで、「憲法がいきる住み続けられる地域を守ることが我々の役割だ」と強調しました。

 つづいて3人の来賓から、連帯と京都自治労連への期待の挨拶が述べられました。

活発な討論に感動広がる

 方針提案を行った松下書記長は、この一年間のたたかいの到達点を明らかにし、総括を行うとともに、新しい運動方針を提案し、活発な討論で方針の豊かな発展を呼びかけました。方針提案の柱は、次の内容です。^打楡権打倒、改憲阻止、戦争法・「共謀罪」法の廃止、憲法を地域と自治体に活かす「憲法自治体づくり」運動の前進、◆崔亙創生」や「公共サービス産業化」による住民生活・地域破壊を許さず、だれもが安心して住み続けられる地域・自治体づくりをすすめる、すべての労働者の賃上げ、生計費に基づく春闘を起点とする通年サイクルの賃金闘争の推進、ぐ打棔崙き方改革」ストップ、長時間労働の是正、職場から予算人員闘争を推進、ヂ膣覿藩ザ、国民生活破壊の攻撃に、住民生活向上と地域経済回復をめざして、住民との共同の運動を広げる、Ω業ゼロ、安全・安心の地域社会づくり、米軍基地撤去、核兵器廃絶、平和と民主主義を広げる共同の運動を広げる、┝治体労働者、労働組合の要求を明確にして、京都府知事選挙勝利、民主的自治体建設の取り組み、11月の京都自治労連結成70周年を増勢で迎えることを全単組の目標にして、あらゆる取り組みを組織強化につなげる。

 執行部の方針提案を受けての討論は、16単組、23人の代議員が発言を行いました。どの発言も、執行部提案を積極的に支持し深める立場からの発言で、困難な中で職場・地域から奮闘している発言が相次ぎ感動が広がりました。

新委員長に福島功さん(府職労連)

 今大会は、2年に一度の役員選挙が行われる大会で、新委員長に自治労連副中央執行委員長の福島功さん(府職労連)を選出するなど、新たな執行部体制を確立しました。

 大会は、すべての議案を満場一致で採択し、「憲法を職場と地域のすみずみにいかす」「仲間を増やし、結成70年を迎える」ことを確認し、団結頑張ろうで大会を締めくくりました。


京都自治労連 第1901号(2017年8月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (76)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.