京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 138138138
昨日 : 137137137
総計 : 404511404511404511404511404511404511

機関紙 - 不当な総務省の攻撃に屈せず全職員の賃金改善を 〜各単組、団結強め、粘り強くたたかう〜

不当な総務省の攻撃に屈せず全職員の賃金改善を 〜各単組、団結強め、粘り強くたたかう〜

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2017-12-12 9:40

 年末確定闘争は最終盤の山場を迎えています。今年は、総務省による不当な圧力のもと、「ラスパイレス指数を理由とした賃下げ攻撃」「現給保障期間の終了問題」「退職手当引下げ」など、重要課題を抱え、交渉が行われています。

1000万円引下げの大改悪を許さない

 宇治市職労では、総務省のラスパイレス指数を口実にした市当局の生涯賃金1000万円以上に及ぶ賃金引下げ提案の撤回を求め、連日大奮闘しています。

 11月22日には、確定要求書の提出と合わせて、66分会752人の団結署名を提出し、「大改悪案の撤回」を強く求めました。また29日には、第1回交渉を行いました。当局は府勧告に基づく、給料表・一時金改定、ラスを理由にした賃金引下げ、退職手当条例改正(4月1日実施)をセットにした議会上程に固執しています。宇治市職労は賃下げ撤回を強く求め、12月5日に再交渉します。

退職金問題では来年度実施の回答

 舞鶴市職労では、11月27日に第3回目の交渉を行いました。
 交渉では、1級在級職員の昇給改善や資格職での前歴換算で前進回答がありました。

 しかし、退職手当の引下げ問題では国公どおり来年1月引下げの回答。現給保障に係わっては176人に影響を及ぼし、最高で2万2400円もの賃下げとなるにも関わらず、「今年度末で打ち切り」と回答しました。

 全員待機で臨んだ12月5日の副市長交渉では、粘り強くたたかった結果、退職手当の削減については来年度実施とさせ、1級2級在職者の1号給アップなど、一定成果を得ることができました。

 現給保障問題では、当局回答の撤回とはなりませんでしたが、「給与改善に向けて、今後も研究・検討していきたい」との回答を引出しました。

退職手当の12月条例改正阻止を

 12月4日、府職労連は年末確定交渉を実施。
 これまでの交渉で、当局は「勧告を尊重する立場ではあるが、財政が厳しく、勧告の取り扱いは慎重に見極めたい」に留まっていましたが、職場からのたたかいで「完全実施」の回答を引き出しました。

 しかし、退職手当の引下げについては、12月条例改正に固執。交渉団は、年度内退職を一律自己都合退職扱いする当局を厳しく追及。当局は「再度検討したい」と回答しました。

退手組合交渉

日時:12月26日(火)10〜12時
会場:京都平安ホテル


京都自治労連 第1909号(2017年12月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (454)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2018 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.