京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 6
昨日 : 137137137
総計 : 404379404379404379404379404379404379

機関紙 - 明治150年に抗するキーワードは『自治体の平和の力』 〜南部自治体学校開かれる〜

明治150年に抗するキーワードは『自治体の平和の力』 〜南部自治体学校開かれる〜

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2018-3-9 15:20

 2月25日、宇治市において南部自治体学校が開催され、50人の市民や自治体労働者が参加しました。

 「近代日本から見た憲法と地方自治」と題して講演を行った本庄豊さん(宇城久地区労議長・立命館宇治中学校・高等学校教員)は、「明治150年キャンペーン」に抗して考えるキーワードは「自治体の平和の力」と語り、高知県四万十市の幸徳秋水を顕彰する活動を紹介しました。

 秋水は、日露戦争のときに非戦・自由平等を唱えたために明治政府によって処刑されたジャーナリスト。彼の出生地の四万十市では、2000年に市議会が顕彰の決議を採択し、2011年には「自由平等、非戦平和を唱えた先覚者」として記念事業を実施。本庄さんは「これが自治体の平和の力ではないか」と紹介しました。

 報告では、元京都府広報課の梶田富一さんが、蜷川虎三知事時代の憲法普及活動をめぐるエピソードを紹介。標語「憲法を暮らしの中に生かそう」の誕生秘話を報告しました。また、社会福祉士の仙田富久さんが「子どもの貧困〜自治体をどう動かすか」について報告を行いました。


京都自治労連 第1915号(2018年3月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1516)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2018 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.