京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 1
昨日 : 199199199
総計 : 410293410293410293410293410293410293

機関紙 - 第89回京都統一メーデー 安倍内閣は即退陣を 「働かせ方改悪」阻止 9条改憲ストップ

第89回京都統一メーデー 安倍内閣は即退陣を 「働かせ方改悪」阻止 9条改憲ストップ

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2018-5-9 19:30

 「安倍政権は退陣せよ」「安倍働き方改革反対」「憲法9条を守ろう」などのプラカードが林立し、シュプレヒコールが全国各地に溢れた5月1日の第89回メーデー。全国307ヶ所で開催され、15万人以上が参加しました。京都では、12会場で開催され1万2000人を超える働く仲間が参加し、メーデー集会終了後、元気にパレードを行いました。京都自治労連の各単組の仲間も、職場要求を掲げ元気に参加しました。

8時間働けば暮らせる賃金を

 第89回全京都統一メーデーの中央集会会場となった二条城前広場には、8000人を超える働く仲間が参加しました。

 主催者を代表してあいさつに立った梶川憲実行委員長(京都総評議長)は、「安倍政権のもとで、メーデーの原点である8時間労働制をつぶす『働かせ方改革』を許すわけにはいかない。8時間働けばまともに暮らせる社会をつくるために法案を撤回させよう」と決意を述べるとともに、「政治の私物化、公文書改ざん、ウソつく政治、人権感覚のかけらもない安倍内閣は、今すぐ総辞職すべき。労働組合を大きくし、市民や野党との共同をさらに広げよう」と呼びかけました。

 4月の京都府知事選挙で候補者としてたたかった、弁護士の福山和人さんが来賓として激励と連帯の挨拶を行いました。

 メーデー集会終了後、京都市内3コースに分かれてデモ行進、職場要求プラカードやデコレーション、横断幕を掲げて市民にアピールしました。


京都自治労連 第1919号(2018年5月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (141)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2018 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.