京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 3232
昨日 : 119119119
総計 : 413833413833413833413833413833413833

機関紙 - 青いとり保育園不当解雇裁判報告集会 雇用継続のルールづくりへ決意 〜最高裁上告不受理〜

青いとり保育園不当解雇裁判報告集会 雇用継続のルールづくりへ決意 〜最高裁上告不受理〜

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2018-10-11 15:30

 京都市立病院の院内保育所「青いとり保育園」の保育士が、指定管理事業者の変更で事実上の「全員解雇」となって3年。「突然、先生が全員いなくなり、子どもの心に傷を負わす事は二度とあってはならない」と元職員6人が原告となって保育を守り、保育士の働き方を問うてきた「青いとり保育園不当解雇事件」の裁判は、9月7日に最高裁が「上告不受理」を決定し、大阪高裁での判決が確定しました。

 大阪高裁は、京都地裁での「保育士が大幅に入れ替わることは好ましくない」としながらも、「雇用の継続を保障するものではない」など、矛盾に満ちた判断を無批判に指示したものであり、不当判決と言わざるを得ません。

 10月3日の報告集会では、弁護団や支援者、原告らがこれまでのたたかいを振り返り、4年ごとの事業者選定で子どもと職員への不当な扱いが繰り返されないよう、雇用継続のルールづくりなど、公契約条例の充実へ運動を広げていくことなどが確認されました。


京都自治労連 第1929号(2018年10月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (36)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2018 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.