京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 136136136
昨日 : 141141141
総計 : 413391413391413391413391413391413391

機関紙 - 超勤縮減が一定前進 〜城陽市職労が超勤実態調査〜

超勤縮減が一定前進 〜城陽市職労が超勤実態調査〜

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2018-11-23 9:40

 城陽市職労は、年末確定交渉を前に、職場の実態や要求を職員から聞くために「超勤実態調査」を行ってきました。今年は、11月6日〜8日まで「ノー残業デー」をはさんで行いました。

 聞き取りでは、「仕事量が多くて終わらない。今日中にやらないと後がしんどい」「自分の仕事が遅いから仕方がない」などの声がありました。

 組合からの度重なる時間外削減の要求に、やっと当局は本腰を入れて22時以降は強制的に消灯をすることを始めた結果、その時間以降に残っている人数は大幅に減少しましたが、0にはなっていません。また、「ノー残業デー」の日に残業をしている職員は、わずかな人数となりました。

 調査後に宿直さんに話を伺うと、前よりは減っているが、恒常的に遅くまで残っているのはいつも同じ職員とのことでした。

 城陽市職労は、職員の生活・健康を守り、超過勤務削減を進めるために奮闘しています。


京都自治労連 第1932号(2018年11月20日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (254)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2018 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.