京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


機関紙 - 組合に入ったョ 生まれ育った町をもっと元気にしたい…精華町職

組合に入ったョ 生まれ育った町をもっと元気にしたい…精華町職

カテゴリ : 
組合活動
 2019/10/31 17:20

 精華町職は組合員の3分の1が青年部という若い組合。今年もこのコーナーの取材をお願いすると、元気な2人を紹介していただきました。

人に役立つ仕事を生まれ育った町で

 取材に協力いただいたBさんとCさんは、今年4月に新卒で採用されました。「就職先に自治体を選んだ理由はなぜですか」と聞くと、「自分に損得なく、公平に人の役にたつ仕事をしたいと思っていました」とCさん。就職活動するとき学生時代に本当にたくさんの人からアドバイスをもらったり励まされたりしたことを思い出したそうです。「生まれ育った町の住民の方に恩返ししたい」と照れくさそうに話します。

 Bさんは高専卒。「都市計画の授業があり、実際に役場の建設課の方からお話を聞いてすごいと」「『つくる』だけじゃなく計画からその後まで、精華町が発展していく仕事にかかわりたいと思った」とBさんは笑顔で話します。

学ぶこといっぱい信頼される職員に

 就職してすでに半年、2人とも今の仕事にやりがいを感じています。Bさんは建設課で新道路の建設を担っています。「学校で学んだ知識だけではないですから毎日が勉強です」「住民や地域の要望を技術的にどう計画に反映させていくかが難しい」と技術職の苦労とやりがいが次から次へと出てきます。Cさんは総合窓口課で住民対応をしています。「精華町役場独自かも知れませんが、住民が総合窓口に来れば、すべての手続きができるようになっていますので、行政の様々なことを知っていないと対応できません。学ぶこといっぱい」。Cさんもやりがいを話します。

 Bさんは「地図に残る仕事」、Cさんは「住民に信頼される仕事」をめざしています。2人とも生まれ育った精華町がもっと発展していくといいなあと顔を合わせうなずき合っていました。


京都自治労連 第1953号(2019年10月20日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.