京都自治体労働組合総連合
お知らせ
コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


  • カテゴリ 組合活動 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

機関紙 - 中央最賃目安示さず…コロナ禍だからこそ最賃大幅引上げ必要

中央最賃目安示さず…コロナ禍だからこそ最賃大幅引上げ必要

カテゴリ : 
組合活動
 2020/8/7 19:30

7月22日、中央最低賃金審議会は、2020年度地域別最低賃金の改定について「現行水準維持が妥当」として、有額での答申を示しませんでした。現在の最賃は全国平均で901円(京都909円)。最低賃金の現行水準では、到底暮らすことが出来ないことは明らかです。

コロナとのたたかいは、長期化が予想されます。今こそ政府は、思い切った中小企業支援策を行うとともに、大企業の内部留保460兆円も活用し、最賃の大幅引上げを行うべきです。


京都自治労連 第1965号(2020年8月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (91)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.