京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 3535
昨日 : 8585
総計 : 366485366485366485366485366485366485

機関紙 - 今年も月例給改定なし 京都市人事委員会が勧告

今年も月例給改定なし 京都市人事委員会が勧告

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2017-9-26 14:30

(1)月例給

本市職員(事務・技術職員)と市内民間従業員(事務・技術関係職種)の平成29年4月分給与を役職段階、学歴、年齢を同じくするもの同士で比較(ラスパイレス方式)

 

民間の給与(A) 職員の給与(B) 較差 
(A)-(B)=(C) (C)/(B)×100
397,665円 397,629円 36円 0.01%

 (2) 特別給(ボーナス)

昨年8月から本年7月までの1年間における民間の支給月数と本市職員の支給月数を比較

民間の支給月数 4.42月分 本市職員の支給月数 4.30月分

 京都市人事委員会が13日勧告を行いました。主な内容は〃醂禝襪浪定なし一時金0・1月引き上げる、などです。
 昨年に引き続き、扶養手当は引下げを阻止、長時間労働、人員問題について人事委員会が行ったアンケートを公表し、長時間労働・人員配置問題にこれまで以上に踏み込んで言及しました。


京都自治労連 第1904号(2017年9月20日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.