京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 104104104
昨日 : 8383
総計 : 394461394461394461394461394461394461

機関紙 - 京丹波町職 非正規職員にも呼び掛けて分会学習会を計画したい! 〜京丹波町職が会計年度任用職員制度学習会〜

京丹波町職 非正規職員にも呼び掛けて分会学習会を計画したい! 〜京丹波町職が会計年度任用職員制度学習会〜

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2018-6-25 18:30

 総務省は、昨年8月に「会計年度任用職員制度」導入についての「マニュアル」を発表し、「制度化スケジュール」を示しました。いま各自治体では、この方針に基づき準備がすすめられています。

 京丹波町職は、6月14日に行なった執行委員会で、京都自治労連の松下卓充書記長を講師に「会計年度任用職員制度」についての学習会を行ないました。参加した執行委員からは、「非正規職員の問題ではなく、自治体の在り方が問われる大きな問題だということがよく分かった」「非正規の職員にも呼び掛けて、分会学習会を計画したい」と積極的な意見も出され、取り組みが始まりました。

 また執行委員会では、5月に提出した春闘要求書に対する当局の文書回答を検討し、課題ごとに担当者を決め交渉準備をすすめるなど、具体化を図りました。


京都自治労連 第1922号(2018年6月20日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (42)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2018 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.