京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 124124124
昨日 : 141141141
総計 : 413379413379413379413379413379413379

機関紙 - 災害奮闘職員に値切り提案 〜綾部市職労が撤回へ奮闘中〜

災害奮闘職員に値切り提案 〜綾部市職労が撤回へ奮闘中〜

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2018-11-23 10:20

災害財源は補助金や特交など、国の保障が基本:自治振興課

 今年は、豪雨災害や相次ぐ台風など、府北部は記録的な大災害に見舞われた年でした。

 綾部市職労は、11月8日・16日に秋季年末確定問題についての交渉を行っています。この交渉において綾部市当局から、「災害が続発し、財政調達基金も底をつき、来年度予算編成も大変厳しい。人勧実施を今年の4月1日遡及ではなく、来年1月1日で実施したい」との給与改定の値切り提案がありました。

 そもそも、台風・地震など、自然災害の復旧・復興予算は、自治振興課交渉で府当局も明確にしているように、国の責任で対応するものです。それを給与改定値切りで充てるなど、もってのほかです。

 綾部市では、7月の豪雨災害により、市内各地で土砂崩れが発生し、これまで経験がないほどの甚大な被害を受け、京都はもちろん、全国各地からたくさんのボランティアが駆けつけました。

 このような中で、綾部市職員の仲間が、一日も早い復旧・復興のために猛暑の中、大奮闘しました。職員の中には、自分の家の家屋が被害に遭っているのを後回しにして、現場に駆けつけられた方もおられます。

 今回の市当局の提案は、このような職員の奮闘に報いるものではなく、絶対認めるわけにはいきません。

 大島正綾部市職労委員長や綾部市職労の仲間は、「職員の奮闘に少しでも報いるのが当局としての責任。逆に人勧値切りなど、絶対認める訳にはいかない」と、当局に再検討を通告し、交渉を配置して奮闘しています。


京都自治労連 第1932号(2018年11月20日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (260)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2018 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.