京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 2121
昨日 : 114114114
総計 : 429980429980429980429980429980429980

機関紙 - 大山崎町職 越年でたたかった18確定闘争 〜人勧実施、臨時・非常勤の賃金改善などを勝ち取る〜

大山崎町職 越年でたたかった18確定闘争 〜人勧実施、臨時・非常勤の賃金改善などを勝ち取る〜

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2019-2-8 8:20

 大山崎町職は、「人勧実施をしない」「地域手当の引き下げ」などの当局回答に対して、「当局の説明は、まったく道理がない。職員の頑張りに冷や水をかけるもの」と厳しく批判し、京都府内で唯一越年してたたかってきました。

 1月18日には、町長と全員交渉を配置して奮闘。交渉には、30人の組合員が参加。京都自治労連の松下書記長も参加し、人勧実施を強く求めて緊迫したやりとりとなりました。

 休憩を挟んでの再交渉で、18年4月に遡っての人勧実施や地域手当の据え置き、臨時・非常勤職員の賃金アップなどの回答を引き出しました。

 大山崎町職では、「みんなで頑張ったから勝ち取れた」と確信を深めています。


京都自治労連 第1937号(2019年2月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (37)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.