京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


機関紙 - 最賃 全国一律制・1500円を…中央審議会目安 地域間格差拡大

最賃 全国一律制・1500円を…中央審議会目安 地域間格差拡大

カテゴリ : 
組合活動
 2019/8/8 17:20

京都の目安27円UP909円に

 7月31日、厚生労働省中央最低賃金審議会は、厚生労働大臣に2019年の地域別最低賃金の基礎となる引上げ目安を答申しました。目安は4年連続で政府が示す「3%」の引上げに沿って、平均3.09%、同27円の引上げとなりました。東京などAランク6都府県が28円、京都などBランク11府県が27円、北海道などCランク14道県と鹿児島などDランク16県は26円となります。

 その結果、全国加重平均額は901円に。しかし平均を上回るのは7都府県のみで、700円台が17県もあります。

 都道府県別では、最高が東京の1013円、神奈川が1011円。最も低いのは鹿児島の787円で、最大226円の格差となり、地域間格差はさらに広がっています。

 また、最も高い東京でさえ、年間1800時間働いて182万円で、年収200万円以下のワーキングプアが解消されません。

 京都総評が呼びかけて京都自治労連も取り組んだ「最低生計費調査」では、人間らしい生活を送るために、25歳の独身男性で時給1600円以上が必要との結果でした。この取り組みはマスコミも注目し、最賃引上げの世論をつくる大きな役割を果たしました。

中小企業への政府の支援策を

 その一方で、とりわけ中小零細企業からの「大幅な引上げは、企業の存続を脅かす」「賃上げできる環境を整えるべき」と最賃引上げに反対や懸念の声が多く出されています。

 京都総評や京都自治労連は、「最賃1500円めざして直ちに1000円」を求めるとともに、中小零細企業が大幅な賃上げができるために、政府へ支援策を行うよう合わせて強く求めています。

 最低賃金の目安答申を受け、最賃引上げの舞台は、都道府県の地方最賃審議会に移ります。目安答申を参考に審議し、地域別の引上げ額を決定します。最低賃金引上げ署名などの取り組みを強化しましょう。


京都自治労連 第1948号(2019年8月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (22)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.