京都自治体労働組合総連合
お知らせ
コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


機関紙 - 2020京都市長選挙…福山和人さんが大健闘 市民との共同さらに強める

2020京都市長選挙…福山和人さんが大健闘 市民との共同さらに強める

カテゴリ : 
組合活動
 2020/2/8 8:50

 2月2日投開票された京都市長選挙では、京都自治労連や京都総評などの多くの労働組合も支持した、幅広い市民や団体などでつくる「つなぐ京都2020」の新人、福山和人さんは16万1618票(得票率34.6%)を獲得、大健闘しましたが、及びませんでした。当選は、現職の門川大作氏で4選目。

 選挙では、12年前に「乾いたタオルをしぼる」と言って就任した現職の市政のもと、3300人以上の市職員が削減され市民サービスが大きく後退した問題や、全員制の中学校給食の実施、子どもの医療費中学校卒業まで無料化、返済なしの奨学金制度など、福山さんが公約に掲げた「くらし応援すぐやるパッケージ」、まちこわしストップなどは、広範な市民の共感を呼びました。

 京都市が強行しようとしている介護保険認定給付業務の集約委託化と嘱託員130人の雇止め問題も、大きな争点になりました。

 追い詰められた現職陣営は、まともな政策論戦を行わず国会議員を総動員して各種団体・業界を締めつけに終始。また、「共産党の市長は『NO』」とのヘイトまがいの新聞広告を掲載しましたが、市民の願いに背を向ける姿に全国からも批判が寄せられました。

 当選したとは言え現職の門川候補は、前回より約4万4000票減らし有効投票の45%の得票にとどまり、マスコミからも「批判票に込められた市民の声にも、真摯に向き合ってほしい」と書かれました。

 3日に行われた報告集会で福山さんは、「当選には至りませんでしたが、たくさんの財産を残した。掲げた公約の実現に向け市民の皆さんと引き続き頑張る」と決意を表明しました。

〈選挙結果〉
  得票数 得票率(%)
福山和人 161,618 34.6
門川大作 210,640 45.1
村山祥栄 94,859 20.3

(投票率40.71%)


京都自治労連 第1959号(2020年2月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.