京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ

その他
▼旧ウェブサイト
アクセスカウンタ
今日 : 7777
昨日 : 108108108
総計 : 372151372151372151372151372151372151

機関紙 - 組合に入ったよ 生まれ育ったまちで役に立つ仕事がしたい 綾部市職労

組合に入ったよ 生まれ育ったまちで役に立つ仕事がしたい 綾部市職労

カテゴリ : 
組合活動
執筆 : 
webmaster 2017-8-7 16:20

 ここ数年、若い組合員が増えて元気な綾部市職労。昼休みには休憩やお弁当を食べに組合書記局がにぎやかです。その昼休みに、今回の「組合に入ったよ」の取材にお邪魔しました。

失敗が許されない仕事だと思っています

 「お世話になります」―キリっと声をかけてくれたのがAさん。今年4月に綾部市に採用され、総務課に配属されています。「総務全般と選挙管理委員会のお手伝いをさせていただいています」と今の仕事について早速話してくれます。「住民の皆さんはもちろん、議会や京都府などに様々な文書を発信していますので、まちがいがあったら…と緊張しています」。はじめての仕事に、「まだまだ学ぶことがいっぱいある」と真摯に話すAさん。「先輩からの引継書が良くできていて、さすが!と思いました」。聞けば、この先輩、高校の野球部の先輩でもあり、「頼れる先輩がいて心強い」と!

生まれ育った綾部恩返しがしたい

 Aさんは生まれも育ちも綾部市で、先に出たとおり高校時代は野球部でご活躍。大学卒業後は、塾の講師などをしていましたが、地元で良き出会いがありました。「(講師の仕事は)時間が不規則で、転勤などもあります」と結婚を考えたとき、仕事の不規則・不安定に不安を抱くようになります。「もともと、人に役立つ仕事をしたいと考えていたので、綾部市の採用試験を迷わず受けました」と志望動機を話すAさん。採用され、籍を入れたとのこと。「ここ綾部で落ち着いて働き続けたい。皆さんに信頼される仕事がしたいです」と心強い言葉もいただきました。

多くの方々とのつながりを大切に

 組合に加入してくれたAさんに組合について聞きました。「民間で働いていたときは組合はありませんでした」「市役所の仕事は本当に幅広いですね。組合を通じて、職場や課を越えて、また世代を越えて、市役所に勤める方々と交流できればいいなあと感じています」。

 取材後、書記局で休憩している先輩から、早速、声をかけられ、談笑されていました。


京都自治労連 第1901号(2017年8月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (59)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001-2017 Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.