京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


機関紙 - 京 深層水

京 深層水

カテゴリ : 
組合活動
 2019/9/9 16:40

 今月20日からラグビーW杯が日本で開催される。TVドラマでも社会人ラグビーが取り上げられるなど、徐々にではあるが、盛り上がってきているのではなかろうか。

 先日、そのW杯日本代表メンバー31人が発表され、そのうち外国人出身者が15人と半数近くを占めた。国籍はなくても、その国に3年継続して住むなどの条件を満たせば代表になれるとのことで、日本国籍を持っていない7人も、その多くが大学までには来日してプレーしているようだ。

 そもそもラグビーは「多様性のスポーツ」とも言われ、様々な身体的特徴を生かせる多様なポジションから構成されている。同時に日本代表チームは外国人選手との融合の中で、新たなことを学んだり、新しいものの見方を獲得しながら、本来それぞれが持っていた個性・強さをさらに開花させている。

 日本は島国だからこそ、多様性の擁護が求められているのではなかろうか。日韓関係が冷え込む今だからこそ、ラグビーW杯の成功を期待したい。(F)


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.