京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


機関紙 - 組合に入ったョ この町を元気にしたい 職場・地域でがんばる

組合に入ったョ この町を元気にしたい 職場・地域でがんばる

カテゴリ : 
組合活動
 2019/9/9 16:30

 今年、京丹波町には5人の新規採用がありました。今回登場いただくAさんはその一人。取材をお願いすると、電話の向こうから「はい」の元気な声。早速、終業後の役場にお邪魔すると、背筋がピンッと伸びた好青年が登場しました。

地元で地域に役立つことしたい

 「ずーっと、ここ(京丹波町)で育ちました」と話すAさんは、京丹波町の瑞穂出身。地元の高校に通い、野球部でがんばっていました。「進路のことを考えていたとき、親戚から役場の職員募集を聞き、興味がわきました」と話すAさん。お世話になった地元・京丹波町の皆さんの役にたつ仕事がしたいと、採用試験にのぞみました。「面接では緊張しました。住民の皆さんが元気になるといいと、スポーツイベントの支援を一生懸命話しました」と採用試験を振り返ります。Aさんは見事採用。配属された教育委員会では、スポーツ協会の事務局を担っています。

職員として、住民として地域に係っていきたい

 Aさんは今、スポーツなど地域のイベントのサポートや補助金の交付事務などを行っています。「書類を慎重に確認して、お金を振り込む書類をつくるのですが…緊張します」とAさん。地域のソフトボール大会では、大会進行の司会をしたそうで、「あんなに大勢の前でマイク持ってしゃべったのは初めて」「地域で知っている方々に声をかけていただいてうれしかった」と笑みがこぼれます。5月に行われた「黒豆ロックフェスティバル」(今年で8回目の音楽イベント)にもボランティアで参加。「地域が元気になるイベントには積極的に参加していきたい」と地域「愛」いっぱいです。

 ちょっと心配になって「土・日・祝日がつぶれて大変ですね!休めていますか?」と聞くと、「大丈夫!仕事ではちゃんと振替休日もらっています」とのこと。
採用されて約半年、「職場の先輩から日々アドバイスしてもらい、感謝しています」「京丹波町は広いなあと感じました。知らない地域もあって…役場の職員としてちゃんと把握したい」と頑張っています。


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.