京都自治体労働組合総連合
お知らせ
コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


機関紙 - クミアイにはいったよ1

クミアイにはいったよ1

カテゴリ : 
組合活動
 2020/5/9 11:10

今年も「クミアイに入ったよ」がスタート。公務の職場に飛び込んできた新しい仲間を紹介します。新型コロナウイルス感染対策のため、各自治体ではイベントや会議の中止が相次ぎ、新規採用者の研修も小規模化・短縮など大変な中ですが、元気に取材に応じてくれました。

ひとりひとりに寄り添い丁寧な対応を心がけたい
与謝野町職:Bさん

「神戸の病院でたくさんの患者さんの対応に追われていました」と話すBさんは看護師、保健師としてがんばってきました。あわただしい仕事に疑問を感じていたときに、知人から与謝野町の話を聞き「保健師募集」に応募しました。

「和気あいあいとした職場。先輩の皆さんが優しくて…わからないことは何でも聞いてしまっています」と今の職場に感謝しているとのこと。

「新しい環境、新しい仕事で、今は慣れ覚えることで精一杯です」とBさん。

福祉課に配属されて与謝野町のことをもっと知ろうと一生懸命です。Bさんは、住民ひとりひとりの話を丁寧に聞き取りながら、住民生活をサポートする保健師になりたいと話してくれました。

あの先生に預けたら大丈夫
頼りにされる保育士になりたい
大山崎町職:Cさん

Cさんは大山崎町の出身で、子どもの頃町立保育所に通っていました。「楽しかった思い出ばかり。保育士になる時も、実習は大山崎で受けました」と振り返ります。当時は、大山崎町では正規雇用の保育士募集がなくて、大阪の民間保育園で働いていましたが、子育てでその保育園を辞め、臨時雇用で大山崎町の保育所で働き始めます。

「大山崎の保育士は皆さん長く働き続ける方が多いです。若い先生からベテランまでいる保育所。保護者の立場からするとすごく安心」とCさん。「採用されて良かった。知っている先生も多くいて安心です。これまでの経験と子育てしている苦労を保護者と共有して、頼りにされる保育士になりたいです」。


京都自治労連 第1962号(2020年5月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (176)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.