京都自治体労働組合総連合
お知らせ
コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


機関紙 - クミアイに入ったよ 3

クミアイに入ったよ 3

カテゴリ : 
組合活動
 2020/7/6 17:50

今年、自治体職場に就職された方々は、新型コロナウイルスの影響で、十分な研修も受けられないまま、大きな不安と緊張を抱え働いています。就職して3ヶ月。コロナ禍でも、二人とも、とても明るく前向きで、清々しいインタビューになりました。

みんなで協力していい保育を
向日市職労:Cさん

Cさんは向日市出身。「今配属された保育所は、私が子どものころ通ったところです」とCさんの第一声。保育士の勉強をしていたCさんですが、学校卒業時には向日市の保育士採用がなく民間の保育園に就職しました。「向日市の保育士になりたいと思っていましたから、悩みました」。翌年の募集で念願の向日市に就職できました。「1年ですが民間保育の現場を経験しました。公立保育との違いもありますが活かしていきたいです」。

4月からこの3ヶ月は、コロナ禍での感染対策や職員のテレワーク対応などでバタバタしていたそうで、緊急事態宣言が解除された以降、ようやく仕事や生活のリズムができてきました。「今からスタートした感じがします。先輩の皆さんにアドバイスいただきながら、いい仕事がしたいです」と笑顔が絶えません。

住民との距離が近い新しい取り組みも
南山城村職:Dさん

Dさんは、両親が公務員だったこともあり、自治体で働く魅力ややりがい、難しさなどをいろいろ聞いた上で南山城村の職員募集に応募しました。住民との距離が近い中で、住民の役立つ仕事がしたいと思っていたそうです。「京都府内で唯一の村ですが、元気あるなあって感じました」と学生時代に何回か南山城村を訪れた時の感想や村の魅力を話してくれました。

今の職場は産業観光課。主に観光事業の拡大と村への移住定住促進で「空家バンク」を担当しています。「コロナの影響で、この数ヶ月現場に出ていないんです」と残念そうに話すDさん。住民や地域の様子をもっと知りたい、勉強したいと思っているそうです。「観光推進の一環で村内の二次交通について取り組んでいます。成功させたいですね」と新しい取り組みへのやりがいも話してくれました。


京都自治労連 第1964号(2020年7月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (78)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.