京都自治体労働組合総連合
お知らせ

京都に米軍基地いらない 関連資料

原発ゼロへ 関連資料

コンテンツ

メンタルサポート京都

法律相談は、顧問法律事務所へ


機関紙 - 最新エントリー

お知らせ

カテゴリ : 
組合活動
 2019/9/9 17:40

京都自治労連 第202回中央委員会

日時:10月10日(木)10:30〜15:10
会場:ラボール京都 第12会議室
●すべての単組から参加しよう●


全職員から府人事委員会署名を集めよう!


めざせ!全国大会 in高知…京都自治労連第41回女子バレーボール大会(9人制)

日時:9月21日(土)11時開会式 11時30分試合開始
会場:グリーンランドみずほ 体育館 京丹波町大朴皿引1-4
締め切り:9月12日(木)厳守 組み合わせ抽選は大会当日に行います
問い合わせは…京都自治労連 075-801-8186(担当:南)

★優勝チームは11月高知で行われる全国大会に出場します


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (22)

 京都市人事委員会と京都府人事委員会の勧告に向けての作業が大詰めを迎えるなか、京都自治労連は、8月22日(京都市人事委員会)、28日(府人事委員会)、京都総評は8月30日に両人事委員会に勧告作業に当たっての申し入れを行い、「代償機関」としての役割を発揮して、国人勧を上回り、公務公共職場に働くすべての労働者の賃金・労働条件改善につながる勧告・報告を強く求めました。

全労働者の賃金改善へ積極的役割を

 申し入れの冒頭、福島功委員長は、公務労働者の生活実態が「給与制度の総合的見直し」、退職手当や配偶者手当の引き下げなどで大変厳しいものになっている。また、「働き方改革関連法」が施行され、公務にも時間外勤務の上限規制が導入されたが、実効あるものになっていない。このような中で出された今年の人事院勧告は、6年連続で月例給と一時金を引き上げたものの、その内容は、地域間、世代間の分断を図るものとなっている。京都の人事委員会が、すべての労働者の賃金改善をはかり、8時間働けば、普通に暮らせる社会を作っていく立場から、積極的な役割を果たすことを強く求めました。

第三者機関の役割果たしたい

 具体的な要求項目では、(1)「代償機関」としての役割発揮、(2)国からの圧力に屈せず、正規、非正規を問わずすべての公務労働者の賃金・労働条件の改善、(3)今年の人事院勧告では、高卒1500円、大卒2000円の初任給引き上げが出されたものの、民間初任給とは大きな開きがあり、初任給改善、若年層の賃金改定を行うこと、(4)一時金は、再任用職員も含むすべての職員に対し引き上げるとともに、期末手当に一本化すること、(5)2020年4月1日からの「会計年度任用職員制度」導入に関して、法改正の趣旨である臨時・非常勤の雇用の安定と処遇改善に向けた意見を表明すること―など24項目の要求を申し入れました。

 また、京都市人事委員会には、3年続いて月例給の改定が見送られていることに触れ、今年こそは、賃金改定となる勧告を強く求めました。

 これに対して両委員会とも、「民間給与実態調査を精査している」「要請内容は、責任をもって委員会に伝える」「第三者機関としての役割を果たしたい」などと回答しました。


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (22)

  京都総評が人事委員会へ申し入れを行うのは、勧告内容が、公務労働者だけでなく、民間労働者の賃金と労働条件、京都経済に大きな影響を与えるからです。

 申し入れに参加した民間労働組合の役員からは、「中小企業の経営者は、景気がダウンするとの大変厳しい見通しを持っている。労働者の賃金が上がっていないから物が売れない。京都経済をどうするのかの立場に立った勧告を」(JMITU)、「賃金が上がらないと、建設現場に仕事は来ない。公務の賃上げは、仕事を増やし経済を活性化する決定打」(京建労)、「民間の見本になる賃上げを」(化学一般)、「公務の賃上げなければ、医療労働者の賃金は上がらない。厳しい医療現場を支える労働者を激励する勧告にしてほしい」(医労連)、「せめて公務員並みの賃金を出したいと中小零細の経営者は頑張っている。地域にお金を循環させるためには、公務の賃上げが必要。最賃を下回る水準は、恥ずかしいと思ってほしい」(全国一般)などの声が次々と出されました。


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14)

 9月4日、与謝野町の知遊館で丹後地区協議会の第5回定期大会が開催され、約30人が参加。

 大会では、この1年の活動について「情報交流や共通する課題についての学習を深められた。今後も地協としての役割を果たしたいと思う」と報告。

 新しく議長に選出された与謝野町職副委員長の細井義文さんは、「新役員が手をとりあって、地協活動を盛り上げていきたい」と決意を述べました。


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (16)

 2015年、マイナンバーカード制度が始まりましたが、現在の普及率は、わずか13・3%。焦る政府は、2019年6月4日開催されたデジタル・ガバメント閣僚会議で、「国家公務員及び地方公務員などについては、本年度内に、マイナンバーカードの一斉取得を推進する」方針を掲げました。

総務省による人権侵害

 これを受け総務省は、職員や被扶養者を対象に(1)パソコン、スマートフォンを利用した申請でカードを取得するよう勧奨、(2)各共済組合が氏名・住所を印字した申請書を一括印刷、8〜9月ごろから一斉に配布し、職場単位で取りまとめ、J―LIS(地方公共団体情報システム機構)に郵送するよう通知を出しています。

 このような中で、自治労連は、緊急の総務省要請を行い、(1)今回の通知は、あくまで「勧奨」であり、強制する意図はない、(2)法律でも、マイナンバーカードの申請の義務はない、(3)申請しないことによる不利益扱いは、あってはならない―の3点を確認しました。

 各単組でも、事実上の強制にさせない取り組みをすすめ、職場でこの問題を話し合いましょう。


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12)

京 深層水

カテゴリ : 
組合活動
 2019/9/9 16:40

 今月20日からラグビーW杯が日本で開催される。TVドラマでも社会人ラグビーが取り上げられるなど、徐々にではあるが、盛り上がってきているのではなかろうか。

 先日、そのW杯日本代表メンバー31人が発表され、そのうち外国人出身者が15人と半数近くを占めた。国籍はなくても、その国に3年継続して住むなどの条件を満たせば代表になれるとのことで、日本国籍を持っていない7人も、その多くが大学までには来日してプレーしているようだ。

 そもそもラグビーは「多様性のスポーツ」とも言われ、様々な身体的特徴を生かせる多様なポジションから構成されている。同時に日本代表チームは外国人選手との融合の中で、新たなことを学んだり、新しいものの見方を獲得しながら、本来それぞれが持っていた個性・強さをさらに開花させている。

 日本は島国だからこそ、多様性の擁護が求められているのではなかろうか。日韓関係が冷え込む今だからこそ、ラグビーW杯の成功を期待したい。(F)


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14)

 今年、京丹波町には5人の新規採用がありました。今回登場いただくAさんはその一人。取材をお願いすると、電話の向こうから「はい」の元気な声。早速、終業後の役場にお邪魔すると、背筋がピンッと伸びた好青年が登場しました。

地元で地域に役立つことしたい

 「ずーっと、ここ(京丹波町)で育ちました」と話すAさんは、京丹波町の瑞穂出身。地元の高校に通い、野球部でがんばっていました。「進路のことを考えていたとき、親戚から役場の職員募集を聞き、興味がわきました」と話すAさん。お世話になった地元・京丹波町の皆さんの役にたつ仕事がしたいと、採用試験にのぞみました。「面接では緊張しました。住民の皆さんが元気になるといいと、スポーツイベントの支援を一生懸命話しました」と採用試験を振り返ります。Aさんは見事採用。配属された教育委員会では、スポーツ協会の事務局を担っています。

職員として、住民として地域に係っていきたい

 Aさんは今、スポーツなど地域のイベントのサポートや補助金の交付事務などを行っています。「書類を慎重に確認して、お金を振り込む書類をつくるのですが…緊張します」とAさん。地域のソフトボール大会では、大会進行の司会をしたそうで、「あんなに大勢の前でマイク持ってしゃべったのは初めて」「地域で知っている方々に声をかけていただいてうれしかった」と笑みがこぼれます。5月に行われた「黒豆ロックフェスティバル」(今年で8回目の音楽イベント)にもボランティアで参加。「地域が元気になるイベントには積極的に参加していきたい」と地域「愛」いっぱいです。

 ちょっと心配になって「土・日・祝日がつぶれて大変ですね!休めていますか?」と聞くと、「大丈夫!仕事ではちゃんと振替休日もらっています」とのこと。
採用されて約半年、「職場の先輩から日々アドバイスしてもらい、感謝しています」「京丹波町は広いなあと感じました。知らない地域もあって…役場の職員としてちゃんと把握したい」と頑張っています。


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12)

 自治労連第41回定期大会が8月25日から27日に東京都江東区で開催され、全国各地から1000人近い仲間が参加しました。京都自治労連の仲間ものべ93人が大会の熱心な議論に参加しました。

 猿橋均中央執行委員長のあいさつの後、憲法をいかし住民生活と地方自治を守る、長時間労働一掃と本格的な予算人員闘争、自治研活動を一体ですすめる「こんな地域と職場をつくりたい」運動の推進、組織強化拡大などの方針提起がされました。

 討論では、全国各地から、公務の委託化阻止のとりくみや、長時間労働是正のとりくみ、自治研・学習のとりくみ、会計年度任用制度問題のとりくみ、災害復興など69組織からの経験と旺盛なとりくみが報告されました。京都からも3人が発言しました。

 大会では、次年度からの役員選挙もおこなわれ、京都から、中央執行委員長にBさん、副中央執行委員長にCさん、中央執行委員(現業評議会選出)にDさんが選出されました。


住民軽視の理不尽な業務委託に市民とともにたたかう:京都市職労

 京都市は、介護保険認定給付業務を集約し民間企業に委託、その業務を担って長年働いてきた嘱託員130人全員を一斉に雇い止めしようとしている。この間、嘱託員自らが、これまで十数年間携わってきた仕事へのやりがい・誇りを胸に声をあげ反対運動を進めてきた。介護サービスの大幅な後退が明らかな業務委託に、市民や介護事業者が立ち上がり大きな運動になっている。自治労連弁護団からも法的問題がある意見書が出されたにも関わらず、市は委託先の募集を強行した。引き続き粘り強くたたかう。また、来年2月の市長選挙でも市民とともに奮闘する。

1000人以上の対話で組合の存在感・期待感が前進。次世代の育成も:京都府職労連

 組合員の減少や担い手不足の現状を打破しようと二つのチャレンジ。ひとつは、自治労連共済の「助け合いプロジェクト」。全組合員の7.5%の加入から50%加入をめざすもの。役員の粘り強い声掛けに大多数が加入した支部や毎昼毎夕の職場訪問など1000人を超える組合員と対話を果たし、組合の存在感、期待を大きく前進することができた。もうひとつはコミュニティー・オーガナイジングのとりくみ。受講者が「これまで相手をねじ伏せる対話ばかりで反省」「価値観の共有が重要」と感想を持ち帰り、組合の会議や職場で実践し、組合員が問題の当事者として自ら主体的に行動する大きな力となった。

今こそ、憲法をいかし、住民生活と地方自治守るとりくみを正面に据える:京都自治労連

 「公共サービスの産業化」で、介護保険認定給付業務の集約化・委託化で130人もの嘱託員雇い止めを強行する京都市、内閣府の定める「SDGs未来都市」に選定され、市政の様々な分野でIT企業と連携する舞鶴市、水道法改正で広域連携を進め大幅値上げを答申した府営水道など、自治体戦略2040構想とも相まって、その具体化がすすんでいる。憲法と地方自治が最大の岐路に立つ今こそ、公務とは何か、自治体の役割とは何か、職場・地域から住民とともにとりくみを強める。


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17)

 自治労連の定期大会で用意されるお弁当は1000個以上。昼休みが近づくと、会場前にお弁当がうず高く積まれます。中身はシンプルな幕の内。大きな会場で食べるお弁当はちょっとせわしないですね。

 京都の代議員として舞鶴市職労から参加してくれたEさん。「今日は歓迎行事の和太鼓を聴きながらのランチです」と笑顔。普段は、不定期ですが、地元で人気のお店のお弁当を職場で頼んで、仲間と和やかなランチタイムを過ごしているそうです。


京都自治労連 第1950号(2019年9月5日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10)

お知らせ

カテゴリ : 
組合活動
 2019/8/23 16:50

京都自治労連
19秋期年末討論集会&労働セミナー

とき:9月13日(金)〜14日(土)
ところ:アグリセンター大宮
全単組から参加を


全ての単組で19人勧の学習会を開催しよう


京都公務共闘19人勧学習会

【市内・南部】
9月5日(木)18:30〜 ラボール京都
講師:公務労組連絡会・秋山正臣 氏(公務労組連絡会事務局長)

【北部】
9月17日(火)18:30〜 中丹勤労者福祉会館(福知山市)
講師:京都公務共闘・松下卓充 氏(京都公務共闘事務局長)


京都自治労連 第1948号(2019年8月20日発行)より

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (55)
京都自治体労働組合総連合
〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地の2 京都労働者総合会館内
TEL:075-801-8186 / FAX:075-801-3482
(C)Copyright 2001- Kyoto-Jichirouren All Rights Reserved.